更新情報・お知らせ

2012.11.19

学園生活情報

スポーツ講話

本日、アスリートクラスを中心としたキャリアアップ講演を行いました。

 

             

 

今日の講演者はロンドンオリンピックでサッカー審判のトレーナーに携わった妻木充法先生です。とても印象に残ったのが、審判はアスリートという話です。主審は1試合(90分)で1014㎞、副審は68㎞移動するそうです。選手と違い途中交代がないのでそれをサポートするのは選手以上に大変?というものです。その他にも、世界各国でトレーナーの認識が違うことなど、将来トレーナー志望の生徒達は興味津々でした。トレーナーという言葉はみんな知っていますが、実際にどのような仕事をするのか?どうしたらなれるのか?などファジーな部分が多い職業ですが、今回きっかけがつかめたのではないかと思います。今後もリアル感ある話を聞く機会をたくさん設けていきたいと考えています。妻木先生、大変お忙しい中ありがとうございました。

更新情報・お知らせ一覧に戻る

関連記事