更新情報・お知らせ

2020.01.18

教育活動(中学)

中学校 令和元年度 ナショナル ジオグラフィック発表会

成立学園の「見えない学力」を象徴する行事の一つである、「ナショナル ジオグラフィック発表会」が無事終了しました。

本来12月に開催予定でしたが、インフルエンザり患者が多く「延期」となり、満を持しての開催でした。

会の運営は、学級委員の生徒たちです。ほかの生徒より少し早めに登校し、司会進行、会場誘導、受付業務などを一手に引き受けてくれました。
DSC_4580.JPG

各学年のテーマは、
 ・1年生...「食」
 ・2年生...「環境」
 ・3年生...「科学」

でした。生徒たちは昨年10月から普段の授業や部活動、定期試験の合間を縫って、ナショナル ジオグラフィック誌を読み込み準備をしてきました。

グループごとに趣向を凝らし、メンバー同士で話し合い、スライド資料が完成したのちに、時間を計って発表練習をしたりと、準備に長い時間をかけました。

当日の発表は、全学年の前で、多くの保護者の方々に見守られて、緊張しつつ、各グループで準備した成果を発表しました。

DSC_4391.JPG DSC_4327.JPG
DSC_4474.JPG DSC_4518.JPG
DSC_4591.JPG DSC_4532.JPG

各班優劣つけがたい発表ではありましたが、ナショナル ジオグラフィック日本版副編集長の藤原隆様に、プロの目から印象に残ったグループを学年ごとに一班ずつ選んでいただいた結果、

■1年生
 A組4班 「豊洲の未来」 安藤・井上(王)・高地・山口・米村
 選出理由:豊洲市場について深く分析ができたところ。

■2年生(AB合同)
 2班 「SNS環境から始まる犯罪」 戎・大泉・澤村
 選出理由:読んで調べるだけでなく、実際に実験を盛り込み説得力があったところ。

■3年生(AB合同)
 6班 「Genetic Recombination」(英語発表) 大塚・稲盛・木村・島村
 選出理由:英語発表でしたが、遺伝子組み換えについて各自の意見を明確に発表できたところ。

の3グループが、学年ごとの優秀賞として選出されました。各グループには、「ナショジオ賞」としてそれぞれ、地図にまつわる書籍が贈られました!

DSC_4710.JPG

さらに、優秀グループの中でも、特に印象に残ったグループとして、2年生の「SNSについての発表」が選ばれました。SNS利用の危険性について、生徒だけでなく我々教員も、そして保護者の方々にとっても、非常に学ぶところの大きい発表だったと思います。

DSC_4461.JPG

小雨がぱらつき足元が悪い中で、各学年半数以上の保護者の皆様に発表会にお越しいただき、誠にありがとうございました。

発表が終わり生徒の皆さんはほっとしていると思いますが、今日の発表で作成した「評価シート」で自分たちのグループの発表に対して、どのような反応があったのかは、是非ともチェックしてほしいと思います。そして、また、来年実施される発表会に生かしてほしいと思います。

DSC_4317.JPG

今後とも、ナショジオ誌を通して、世の中の出来事に対する、「興味・関心」を高めていきましょう!

  

更新情報・お知らせ一覧に戻る

関連記事