更新情報・お知らせ

2021.03.02

教育活動(高校)

第73回 成立学園高等学校 卒業証書授与式

228日、成立学園高等学校の第73回卒業証書授与式が行われました。


今年度は新型コロナウイルスとの戦いの一年でした。


卒業式もその例外ではなく、来賓の方々、在校生、関係教員以外の教職員の参列は控え、

昨年度と同様に時間短縮の上で実施されました。

DSC_9737.JPG

また、座席の間隔を広く取るために保護者の方のご参列も各ご家庭で一名のみ、
完全座席指定とした他、マスク着用、アルコール消毒、サーモグラフィーによる検温など
感染対策を徹底した上での開催です。

DSC_9741.JPG

卒業生の練習も例年は一週間程度の時間をかけて行いますが、
体育館で学年全員が集まるという「密」状態を避けるため、
学年を二分割しながら、二日間のみ、短時間での集中練習でしたが...

DSC_0153.JPG

さすが、このコロナ禍を乗り越えた最高学年です。

練習の際に垣屋学年主任から掛けられた、
「皆の成長を見たい保護者の方のために、
そしてこの卒業式のために協力してくれるすべての人たちのために立派な姿を見せよう」

という言葉の通り、一人一人が凛々しく成立生らしい姿を見せてくれました。

DSC_0183.JPG

会議室に設置したプロジェクターで式の様子を見守っていた教職員にも、その姿は届いていたでしょうか。

DSC_0220.JPG
DSC_0247.JPG
DSC_0312.JPG


DSC_0375.JPG

 
 

校長先生からは、「富士山、見えたか」という餞のお言葉をいただきました。

DSC_0413.JPG


様々に解釈できる言葉ですが、激動の時代を生きていく卒業生にとって
必ず自分自身を高めていくための道標になる言葉だと思います。
成立学園でのすべての学びと校長先生から頂いたこの言葉を胸に刻み、
逞しく歩んでいってほしいと思います。

DSC_0427.JPG

卒業生代表挨拶では、
このような状況の中で受験生として過ごしたことに対する前向きな思いと、
周りの環境や支えてくださったご両親への感謝の言葉が印象的でした。


卒業式後に行われるクラスごとの最後のホームルームも、
保護者の方には校庭でお待ちいただき、担任と生徒のみで行われました。


DSC_0722.JPG


各クラス担任からの言葉や写真撮影など、限られた時間の中だからこそ
心に残るものがあるはずです。

DSC_0711.JPG

DSC_0707.JPG
DSC_0710.JPG

つらいときにも涙ではなく笑顔で乗り切ってきた学年らしく、
明るい声がいたるところで聞こえました。



ホームルーム後は校庭に出て、教職員の見送りのもと生徒たちは旅立っていきます。

IMG_1685.jpg

名残惜しい気持ちもありましたが、

人数制限等多くの方にご協力いただいていることもあり、

短時間での写真撮影のあとは密集を避けるために解散となりました。


今年度の卒業生は大学入試改革を迎える受験生として、
一年次より様々な変化に対応しながら学習、課外活動に取り組んできました。
そして昨年春の一斉休校、緊急事態宣言から最後の行事やクラブ活動の大会もなくなり、
忍耐力の試される一年を過ごしました。

DSC_9722.JPG

三学年の教員として生徒たちの心に寄り添えば寄り添うほど、苦しく、
なぜ、という気持ちで歯痒さを感じる日々でした。

それでも卒業生代表の芥さんの挨拶にもあったように、
生徒たちにはいつでも状況を前向きに捉えようとする力があります。
 

その力から生まれたいくつもの素晴らしい出来事が私たちを励ましてくれました。
どうかこれから先の未来でもその力を正しく使い、
多くの人を幸せにできる人となってくれることを願っています。


また、このような状況の中での卒業式、そして成立学園のすべての教育活動の継続に
ご理解、ご協力をいただきました保護者の方々に教職員一同改めて御礼申し上げます。
 
大切なお子様を3年間、あるいは6年間お預けくださり、本当にありがとうございました。
 
そして卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!
 

皆さんと過ごした日々は私たちの宝物です。
どうかいつまでも元気で、幸せな未来を掴んでください。
時々は元気な顔を見せに成立学園に来てくださいね。

第三学年教員 一同

更新情報・お知らせ一覧に戻る

関連記事