更新情報・お知らせ

サッカーと勉強の両立を旨としつつ、ブラインドサッカー体験や救命・AED講習など、サッカーに関連のある様々な体験を通して人間的な成長を図ることを目指しています。一緒にサッカーを楽しもう!!

2021.06.16

サッカー部(中学)

「心の授業#3」 あれ できま線 なれま線

講師:関口真衣(せきぐち まい)先生 高校3年時担任:浅尾先生

教育実習生         

自己紹介

オープニング.jpg

現在、日本体育大学4年生

高校:成立学園高等学校(女子サッカー部)

大学一、二年:インカレ優勝

大学三年:長谷川先生所属の帝京平成大学に敗れて三位

大学二年:ユニバーシアード日本代表選出、イタリア大会出場

     決勝戦の相手、北朝鮮に敗れ準優勝

大学二、三年:なでしこチャレンジというなでしこジャパン

       強化育成合宿に参加

*サッカー選手として順調に来ているように見えるかもしれませんが

 高校生の時は、チームとしてなかなか結果がでなくて悔しい日々が

 続いていました。

 高校生の時は朝練で仲間たちとインサイドキックやヘディングなど

 基本の反復練習の継続。今の自分はあの時の積み重ねがあったから

 自信になっています。

           

*今現在、サッカー選手として満足しているわけではなく

「 通過点 」 だと思っています。

中学生の君たちには自分の武器、ストロングポイント、誰にも負けない

ものを見つけてほしい。身につけてほしい。

スタメンで試合に出れない時、ケガをしてリハビリが長い時、決して

諦めてはいけません。

                

できま線.jpg

気持ちや目線が下や後ろに向いている時、無理とか、

できま線とか、なれまという線を自分で引かない

こと。(上手い‼)その時点で夢を諦めたりしない。

そこで頑張って夢をつかめるかは、ここが分かれ道。

継続していくと新しい発見がある。

チャレンジし続けて失敗しても何度でもやり直せる。

気持ち次第で、楽しくも、苦しくもなる。

自分の信念、軸をぶらさず進んでほしい。

今自分で描いているものに向かって頑張ろう!

                       

特別な人間ではない、普通のサッカー選手から少し上のレベルを経験した関口先生

のお言葉。

「自分も頑張ってここまできている、まだまだ夢の途中だけど、私でもここまで

 これるんだから、君たちは失敗しても何度でも何度でも立ち上がれるよ。

 そこで諦めたら、、、、、、、。」このようにも聞こえますね。

関口先生、説得力ありますね。

Q.大学と高校との違いは?(松本 光君3年生)

松本君の質問.jpg

A.サッカー面

・大学生みんなうまい。

・パススピード、判断スピード、ポジショニング、アイディア、知識が豊富

・メンタル面では高校時のチームメイトも情熱はあったけど、今いるところは

 プライド、絶対負けたくない、スタメンで出場する。サッカーが一番好きだ。

 強いハート、自信をもった選手がたくさんいるのが日本体育大学です。

            

Q.男子サッカーと女子サッカーの違いは?(吉原息吹君2年生)

A.中学生の時は、男子チーム、女子チーム両方に所属していて体格差、スピード

 が違うので男子チームでやってきて良かったと思います。

 高校生の時も、男子選手の中に入ると迫力だったり各スピード面だったり

 いい経験になりました。

 また女子は女子でボールタッチのしなやかさ、筋力等の面で男子より、

 どうしてもパススピードが弱いけど、その分判断スピードやアイディアを

 もって闘います。

個人写真.JPG

関口先生、教育実習期間中にもかかわらず、貴重なお話ありがとうございました。

中学生の感じた事、一例です。

「自分にしかないことを見つけること。極めること!」

「継続することに意味がある」  

「絶対にスタメンをとるという強い気持ち」

 関口先生、これからも応援しています。

集合写真.JPG      

            

                 

更新情報・お知らせ一覧に戻る

関連記事