更新情報・お知らせ

サッカーと勉強の両立を旨としつつ、ブラインドサッカー体験や救命・AED講習など、サッカーに関連のある様々な体験を通して人間的な成長を図ることを目指しています。一緒にサッカーを楽しもう!!

2019.10.31

サッカー部(中学)

中学校サッカー部「心の授業」#15

「心の授業」#15講演者:澤本純司先生(成立学園中学・高等学校事務主任)

自己紹介

・実は、成立学園が男子高校時代の卒業生。

 当時はひとつのクラスに50名ほどでぎゅうぎゅうでした。

 入学後、当初はすぐけんか。しかし相手の事が理解できると、いい仲間として今で

 も時々食事をしたり、当時の仲間からいい刺激を受けています。

・学生時代は水泳選手で、かつ国体選手でした。

・若い時はサーファー(波乗り)でした。

 ここ4,5年は走ったり、ボクシングジムでアマチュアながらプロの人たちの

 スパーリングパートナーをやったり、いい汗を流しています。

オープニング.JPG

   

      

テーマ

1、最初からチャレンジしないで諦めない!

 ・何事も、まずやってみよう!

 ・今後の人生、人間関係も含めて前向きに!

   

2、日常においてもスポーツでも何か行う時はプラス

 ・日本代表GKの大迫選手(サンフレッチェ広島)の言葉です。

   ( 素敵な言葉ですね。)

     

3、おもいやりの心、人をおもいやる心

  人をいたわるという事

 ・最近SNSで誹謗中傷の内容のものが多いですね。

  自分が受けて嫌なことを人にSNSで攻撃し傷つけない。

  

 以上 三点 みんなの心のどこかに留めてほしいですね。

講演中.jpg

   

中学生全員一人最低一つは質問を! が目標でしたが質問内容は

下記を参照願います。

     

・ボクシングをやろうと思ったきっかけは?(山﨑君)

・なぜ成立で働こうと思ったのですか?(根本君)

・運動やってて、役にたったことは?(神木君)

・水泳やっててつらかったことは?(新藤君)

・学生時代、将来何になりたかったですか?(佐々木君)

・当時男子高校の成立に入学した理由は?(大山君)

 それぞれに、真摯に、丁寧に答えていただきました。    

         

            

最後に

      

 澤本先生は、非常におだやかな口調で、人柄、学校愛を感じさせる

メッセージばかりでした。

      

当初は、自己紹介で終わってしまう?と思ったほど、、、、。

        

学校関係者であれば、入学前から卒業後も、一度はお世話になっていま

すね。

              

またいつも見えないところで、学校を、生徒や教職員をサポートしていた

だいている、支えているスーパーマンです。

  

生徒の感想文の一例    

・7項目、聞きたいことがあったけど、、、。(遠慮したかな)

・挑戦、経験してみて、人間として成長し、サッカーにもいかしたい。

・プラス1は自分の中で、他の人との違いを作り出す。

 自分も意識してみたいです。

・何事にも挑戦!得るものが大きい、多いはず。

・やはり「感謝」の気持ちを忘れずに。

・いたわりの心をもって周囲の人たちに触れ合えるようになりたい。

・考えながら行動・言動を意識しながら、生活していきたい。

                              他多数

        

澤本先生、お忙しい中、ありがとうございました。

  

集合1.JPG

集合2.JPG

更新情報・お知らせ一覧に戻る

関連記事