更新情報・お知らせ

昆虫の飼育をはじめ、自分で思いついた・自分でやってみたい実験に理系・文系問わず楽しく取り組んでいます。

2012.05.18

理科部

金環日食に向けて!!

  ついに金環日食が3日後に迫ってきました。

 

日本の太平洋側を中心とした今回ほど広い範囲で金環日食が観察されるのは西暦1080年12月14日以来932年ぶりだそうです。

1192年に鎌倉幕府が開かれていますので、西暦1080年と言えば平安時代末期にあたります。

また東京で金環日食が観察されるのも1839年9月8日以来173年ぶりで、1853年が黒船来航ですから江戸時代の鎖国中まっただ中ということになります。

次に東京で見られるのはちょうど300年後の2312年4月8日らしいです。

 

まさにこの東京で金環日食が観察されるのはとても貴重なことなんですね。

個人的には、生きているうちに簡単に金環日食を観察できることを感謝してしまいました(笑)

 

ということで、成立学園の理科部もちゃくちゃくと金環日食の観察準備を進めております。

定期テスト間近であるにも関わらず、部員は勉強時間を少し割いて一生懸命準備を進めてくれました。

本日は天体望遠鏡に太陽観察用の装置を取り付けて、実際に観察できるかどうかの試し観察です。

少々風が強く焦点定めるのが難しかったですが、なんとか観察できました。

                    

本番当日晴れることを祈るばかりです。

 

 

更新情報・お知らせ一覧に戻る

関連記事