更新情報・お知らせ

全国優勝を目指して、毎日ハードな練習にチャレンジしています。本気で共に頑張りましょう。バスケットを愛する皆さん、お待ちしています!

2015.01.17

男子バスケットボール部

新人戦・本大会ブロック決勝 vs京北(2015.1.12)

 

 

 

17

26

 

 

成立学園

81

25

18

93

京北

17

28

 

 

22  -

21

 

 

 
スターティングメンバーは、小林、胡、熊谷、井上、金城。金城・小林の得点等で順調な出だしだったが、井上が2ファールとなりベンチに下がると、オフェンスリズムが崩れ出し第1ピリオドは17:26となる。

第2ピリオドに入り、熊谷・井上の3ポイントシュートが立て続けに決まり、胡がゴール下で頑張ると、前半を42:44の2点ビハインドで折り返す。


後半に入り、胡のインサイドでのプレイを徹底して行うと、京北にファールが増え残り時間4分には、59:59の同点とする。しかし、得点源の小林が足を痙攣しベンチに下がると、あっという間に点差が開き3ピリオド終了時には59:72と引き離される。

第4ピリオドに入り一進一退となるが、残り時間1分30秒には、井上の3ポイントシュートや小林・金城の得点で79:88とするが、最終的には81:93で敗れてしまう。今後は5位~8位決定戦となる。


 個人記録は下記のとおり
・小林(江東区立深川第一中)2年 …得点21、リバウンド8、スティール1
・熊谷(足立区立第九中)2年 …得点5、リバウンド5
・ 胡 (石家庄市第二十八中 )2年 …得点28、リバウンド10
・長島(戸田市立新曽中) 2年 …得点0、リバウンド1
・戸田(上尾市立大石中)2年 …得点0
・井上(さいたま市立大宮西中)1年…得点13、リバウンド2
・金城(練馬区立光が丘第二中)1年…得点14、リバウンド5、スティール4
 

   
   
   
   

 

 

更新情報・お知らせ一覧に戻る

関連記事