高等学校

コース・クラス選択

コース・クラス選択

「2コース+4クラス制」の導入

本校では、入学時は2コース、高2への進級時に4クラスを選択できる「2コース+4クラス制」を導入しています。独自の工夫を盛り込んだカリキュラムにより、生徒が目指す将来に合わせた最適なコース/クラスを選ぶことができます。個々の目標達成に向けた環境をしっかり整えています。

「2コース+4クラス制」

コースの特徴

スーパー特選コース

国公立大学や早慶上理といった難関大学への進学を目指しているコースです。「なぜ」難関大学を志望するのかを考えるキャリアガイダンスがあります。併せて、土曜日も授業を行い、通常のカリキュラムよりも進度が早くなっています。2年次からは志望に応じて「難関」クラスと「選抜」クラスに分かれます。

特進コース

日東駒専などの有名私立大学への進学のみならず、GMARCHなどの難関私大への進学を目指すコースです。1年次に学習スタイルを確立し、基礎学力を養ったうえで、2年次から分かれる4つのクラスで、多彩な進路選択に対応します。

コースの特徴
難関クラス
キャリアデザインに重点を置いたカリキュラムで、難関国立や早慶上理現役合格を目指すクラスです。
難関クラス
  • 大学受験のために可能な限り無駄を省いたカリキュラムで、3年5月までに高校の全課程を終え、国公立大学や早慶上理といった難関私大レベルの大学に一般入試で対応する力を養います。
  • 国公立大学を志望する生徒には、2年次から対応する科目について特別授業を行います。
  • 3年次のカリキュラムは大手予備校の難関国公立、難関私大クラスのカリキュラムとほぼ同じです。
  • 大手予備校で指導中もしくは指導経験のある教員も直接指導します。難関大学に合格するだけでなく、その学習が「なぜ」必要なのか、大学入学後や将来のキャリアプランニングも面談で指導します。
  • 時間のかかる英数国は1、2年次である程度仕上げ、3年次は理社に十分な時間をかけます。
  • SGネット(映像授業)により、各個人の進度に合わせたペース(得意な生徒はどんどん難易度の高いものを、苦手な生徒はその生徒に合わせたものを)で実力を育むことができます。

指導の特徴

指導の特徴

国公立志望の生徒は2年次から週に2~4日特別授業を行い、SGネットなどで各自の志望大学に合わせた指導を行います。難関私大志望の生徒は、早慶上理といった人気大学の傾向を詳しく把握した教員陣が、傾向に合わせた授業をします。現役の東大生が特別補講を別途行い、現状の大学生活や最新の大学講義などを生徒に身近で語ってくれます。

生徒が語るクラスの魅力

1年次は文理選択のための助走期間ということもあって、英・数・国をまんべんなく学習していました。また先生からは学校の勉強以外に、問題集の英語長文を毎日1題解くことを勧められているので、外部模試への対策も万全です。大学入試に向けた意識の高い仲間との教え合いもあり、雰囲気も良いと思っています。

先生が語るクラスの魅力

基礎学力の構築は3年生の初めに完成させ、その後は大学入学共通テストへの対策を進めながら志望校別の対策を行っています。教員はそれぞれに合った志望校の過去問から作成したオリジナルプリントを用意し、生徒とともに合格を勝ち取るパートナーとして、日々の学習支援を行っています。

選抜クラス
基礎学力の徹底を図り、勉強とクラブ活動を両立しながら、GMARCHレベルの難関私大への現役合格を目指すクラスです。
選抜クラス
  • 大学受験のために可能な限り無駄を省いたカリキュラムで、3年7月までに全課程を終え、一般入試においてGMARCHレベルの大学に対応する力を養います。
  • 3年次カリキュラムは大手予備校の難関私大クラスのカリキュラムとほぼ同じです。
  • 私大入試に対応できる基礎学力を養います。
  • 年間を通して全国模試を受験し、全国の受験生の中で自分の位置(相対値)を確認します。
  • 定期的に模試の過去問にチャレンジし、それぞれの時点での到達度(絶対値)を知り、目標と自分の現在地の差を確認します。
  • 大学入学共通テストのプレテストを実施し、入試改革に備えます。

指導の特徴

指導の特徴

GMARCHレベルの難関私大合格を目標とします。目標のためにターゲットを絞った無駄のないカリキュラムは、無理のないスピードで先取り学習ができ、3年次の実践演習にたっぷりと時間をかけることが可能となっています。

生徒が語るクラスの魅力

学習面では、基礎的なことを丁寧に教えてくださり、確認のための小テストが多くあります。私は部活と両立したいので、部活を目いっぱい頑張る分、家庭学習をしっかり行うことを心がけています。小テストは受かるまで何度も繰り返し行われるので、1回で合格するよう頑張っています。

先生が語るクラスの魅力

「部活をやりたいが、勉強もしないと」と生徒はやるべきことを理解していますので、与えられたことはしっかりとやってきます。難関クラスに比べて、課題や小テストを多く設けて、学力のベースを作り上げるように努めています。どの生徒も、頑張り屋さんです。

特進総合クラス
独自カリキュラムで基礎学力を高め、総合的な教養を身につけ、日東駒専など有名私大に推薦・AOや一般入試で合格を目指すクラスです。
特進総合クラス
  • 2年次から、文系は英語、理系は数学を中心に学習し、日東駒専など有名私大の一般入試で合格できるレベルを目指します。
  • 実技教科を除いた授業のうち、2年次は文系の英語は50%、理系の数学は46%、3年次は文系の英語は46%、理系の数学は54%を占めます。
  • 可能な限り無駄を省いたカリキュラムで効率良く学習し、3年8月までに高校の全課程を終了します。また、大学受験のために、3年次より「小論文」の授業を取ることも可能です。希望者は指定校推薦も受験できます。
  • 大学入学後に学習面で困ることのないように、推薦・AO入試での受験希望者も、一般入試に引けを取らない基礎学力を身につけることを目指します。

指導の特徴

指導の特徴

一般入試のみならず、推薦・AO入試に向けて、小論文や志望理由書の添削など、一人ひとりに合わせた指導を行います。

生徒が語るクラスの魅力

私は推薦で大学に行きたいと思っています。このクラスは学習の基礎力養成を中心に、推薦・AO入試の小論文対策が充実し、社会問題や論文で問われやすいテーマで文章を書く機会がとても多く、自分でもわかりやすい文章が書けるようになったと思います。先生たちの細かい添削のおかげです。

先生が語るクラスの魅力

3年後には、ほとんどの生徒が推薦・AO入試や一般入試を狙って大学を受験しますので、基礎学力の構築と小論文対策には、時間を割いています。自己推薦文の作成など、受験に必要な対策をすべてサポートしています。

アスリートクラス
スポーツを通して人間形成をし、プロの世界や大学で活躍するようなトップアスリートを目指すクラスです。
【対象】硬式野球部・男子サッカー部
アスリートクラス
  • スポーツに本格的に取り組みながら、大学進学に対しても無駄のないカリキュラムで個々に対応していきます。
  • 英語・国語・数学は、習熟度別の授業を取り入れ、日東駒専レベルの大学に対応していきます。
  • 推薦・AO入試希望者へは、3年1学期から「小論文」を取り入れ、基本的な書き方から志望学部に応じた入試対策まで具体的な指導を行います。
  • 経験豊富な指導者のもと、充実した環境でスポーツに取り組める体制を整えています。

指導の特徴

主要科目を中心に、大学受験に対応できる基礎学力を養います。スポーツだけに特化するのではなく、英語検定準2級・漢字検定準2級の資格を取得し、大学進学に向けて「文武両立」を目指します。

生徒が語るクラスの魅力

将来は、プロの道に進みたいです。先生からは「アスリートとして技能を磨くことも大事だが、一人の人間として学力を身につけることが大切だ」という指導のもと、基礎学力(主に国語中心)をつけることを繰り返し言われます。推薦・AO入試の小論文対策と英語検定や漢字検定対策は、限られた時間でもきっちりやるようにしています。

先生が語るクラスの魅力

7限まで授業がある月曜日以外は、授業は基本的に午前で終了、午後は部活動というスケジュールをこなします。学習面では国語と小論文を中心に、推薦・AO入試に必要な科目は徹底的に指導しています。アスリートとしての力はもちろん、論理的に表現する力を身につけ、しっかりした文章が書けるように指導しています。

学校生活の様子

  • 校長ブログ
  • SEIRITZ TV
  • Earth Project Blog