高等学校

コース・クラス選択

コース・クラス選択

「2コース+5クラス制」の導入

高校では、中学3年までの15年間積み上げてきたことを土台に、自分自身の力で考え、歩んでいける、精神的な自立を目指します。そのために、「2コース+5クラス制」を導入、自分が目指す将来に合わせた最適なコース・クラスを選択します。1年次では学習習慣の定着と基礎学力の徹底を行い、2年次からの選択授業では、受験に必要な科目のみを学習。学力の向上を目指し、入れ替え制をとる習熟度別授業も展開します。

高1

スーパー特選コース

国公立大学や早慶上理といった難関大学への進学を目指しているコースです。土曜日も授業を行い、通常のカリキュラムよりも進度が早くなっています。2年次からは志望に応じてそれぞれのクラスに分かれます。

特進コース

日東駒専などの有名私立大学への進学のみならず、GMARCHなどの難関私大への進学を目指すコースです。1年次に学習スタイルを確立し、基礎学力を養った上で、2年次から5つのクラスに分かれ、多彩な進路選択に対応します。

高2・3

探究クラス

プロジェクト型の探究学習やアート・プログラムを通して学ぶことで、社会や世界中の問題に目を向け、他者との対話を重ねて問題の本質を理解し、その上で明確に自分の意見を述べることができる教養を身につけます。

特進総合クラス

自由選択科目制で自分の得意な教科を徹底的に伸ばしていくことが可能です。例えば英語だけでカリキュラム全体の3分の1を占めることも可能です。3年次には小論文対策を行うことで、総合型選抜や学校推薦型選抜での日東駒専など有名私大への進学を目指します。

難関クラス

早慶上理合格と共通テスト80%以上の得点を目標とします。そのためにも「なぜ」その学習が必要なのか、キャリアプランニングを考えるとともに、1・2年次に基礎学力、3年次に応用力を養います。

アスリートクラス

主要科目を中心に、大学受験に対応できる基礎学力を養います。スポーツだけに特化するのではなく、大学進学に向けて"文武両立"を目指します。

選抜クラス

GMARCH合格と共通テスト60%以上の得点を目標とします。目標のためにターゲットを絞った無駄のないカリキュラムは、最適なスピードで先取り学習ができ、3年次の実践演習にたっぷりと時間をかけることが可能となっています。

コースの特徴
探究クラス
英語や論理的思考力といった探究に必要な能力を養い、海外の大学、総合型や学校推薦型選抜での進学を目指すクラスです。
探究クラス
  • 国内外の「グローカル」な大学への進学を主眼に、文理の区別なく総合的・横断的な学習を行います。
  • さまざまな体験活動を通じて、生徒一人ひとりの「やりたいこと」へ導く進路指導を実践します。
  • プロジェクト型の探究学習やアート・プログラムを土台に、「語学力」「論理的思考力」「コミュニケーション能力」を養います。
  • 英語学習においては、国際基準の英語能力測定試験IELTSで高いスコアを獲得できるよう、専門のネイティブ講師が対策授業を行います。海外大学の進学に必要な語学力修得を目指します。専門スタッフが指導します。
指導の特徴

一人ひとりの興味・関心に寄り添ったプロジェクト型探究学習で社会課題への探究心を育み、他者へ、そして社会へ自らの想いを発信する力を身につけます。多様な経験を持つOB・OGとの交流の場を設けています。東京大学工学部在学中のOBによるプログラミング講座や、日本大学藝術学部卒業のOGによるArt(写真)講座など、成立学園だからできる取り組みを実施します。(昨年度実践事例)

 在校生 の声

戸川 紗希さん (探究クラスI期生 / ライフワーク部所属)

月に数回行われる「ゲストセッション」では、さまざまなアプローチから自分を見つめ直すことができ、将来の目標が具体的になりつつあります。生徒それぞれが、選んだトピックについて調べて発表する「個人プロジェクト」では、地域コミュニティのオンラインイベントに参加したことで、社会に目を向けるようになりました。大学に向けてではなく、さらに先の学びを求める人に合うコースだと思います。

鈴木 慶一郎さん (探究クラスI期生 / 卓球部所属)

美術は得意ではないのですが、自分の思いを形で表現する「アートプロジェクト」では、自分の作品を多くの人に見てもらい、評価をもらえたことで、表現する楽しさを知り、自分に自信が持てるようになりました。週に2日、3コマ連続でネイティブの先生による「IELTS対策授業」があり、ライティングの力が強化されたと思います。この一年、多くの人と関わり、自分の価値観が広がったことを実感しています。

体験活動を重視したプログラムについて

自身の中にある大切な背景(想い)こそが、継続した努力や、未来永劫走り続ける力の根源であると考えます。何を美しいと感じ、何を問題とするのかは、自分自身の生い立ちや、今までの経験、出会いなどさまざまなものに起因しています。そのため、自身の内にあるローカルに目を向けることがとても重要です。このことに気づき、学んでもらうための取り組みとして、『Art(写真)講座』『School Canvas Project』などに「アート思考」を導入し、徹底的に自己と対話させています。
 アーティストは「他者の価値観」ではなく、「自分の価値観」に基づいて試行錯誤を繰り返し、自分なりの答え、まだ誰も見たことがない未来を描き出します。「正しい」「間違っている」、もしくは「上手い」「下手」という評価が下される世界観から離れ、純粋に自分と向き合いながら内から湧き出てくる想いを形にして表現します。この思考手順は、探究活動そのものであり、目指すべき人物を育成する際に有用であると考えています。
 この経験に加え、多様なゲストセッションにて社会とのつながりや、社会における問題点などを身近に感じることができるプログラムなど、複数の体験活動に取り組んでもらいます。これらの体験を踏まえ、個人プロジェクトをスタートさせ、探究活動に2年間継続して取り組んでもらいます。以上のような学びを通じて、グローカルな視点を持ち、グローバルなフィールドで活躍できる生徒を育成します。

難関クラス
キャリアデザインに重点を置いたカリキュラムで、難関国立や早慶上理現役合格を目指すクラスです。
難関クラス
  • 1年次はまんべんなく学習し、2年次からは文理に特化して、2年次のうちに高校のほぼ全課程を終え、国公立大学や早慶上理といった難関私大レベルの大学に一般選抜で対応する力を養います。
  • 国公立大学を志望する生徒には、2年次から対応する科目について特別授業を行います。
  • 3年次のカリキュラムは、大手予備校の難関国公立、難関私大クラスのカリキュラムとほぼ同じです。
  • 2年次で英検2級を取得し、3年次でスコアアップや準1級にチャレンジすることを目指します。
  • 大手予備校で指導中もしくは指導経験のある教員が指導します。難関大学に合格するだけでなく、その学習が「なぜ」必要なのか、大学入学後や将来のキャリアプランニングについても指導します。
  • 英語・国語・数学は1、2年次である程度まで終え、3年次では理社に重点を置いて学びます。
  • SGネット(映像授業)により、各個人の進度に合ったペースで実力を育むことができます。
指導の特徴
指導の特徴

国公立志望の生徒:2年次から週2~4日の特別授業と、SGネットなどによる志望大学に合わせた指導を行います。
難関私大志望の生徒:早慶上理などの大学について把握した教員陣が、傾向に合わせた授業を行います。 現役の東大生が特別補講を行い、大学生活や大学講義について語ってくれます。

選抜クラス
基礎学力の徹底を図り、勉強とクラブ活動を両立しながら、GMARCHレベルの難関私大への現役合格を目指すクラスです。
選抜クラス
  • 大学受験のために可能な限り無駄を省いたカリキュラムで、3年次5月までにほぼ全課程を終え、一般選抜においてGMARCHレベルの大学に対応する力を養います。
  • 3年次カリキュラムは大手予備校の難関私大クラスのカリキュラムとほぼ同じです。
  • 私大入試に対応できる基礎学力を養います。
  • 校内予備校を導入し、より受験に特化した授業を展開します。
  • 2年次で英検2級にチャレンジし、3年次ではスコアアップを目指します。
  • 年間を通して全国模試を受験し、全国の受験生の中で自分の位置(相対値)を確認します。
  • 定期的に模試の過去問にチャレンジし、それぞれの時点での到達度(絶対値)を知り、目標と自分の現在地との差を確認します。
指導の特徴
指導の特徴

GMARCHレベルの難関私大合格目標のために、無駄のないカリキュラムとスピードで先取り学習ができ、3年次の実践演習にたっぷりと時間をかけることが可能です。

特進総合クラス
独自カリキュラムで基礎学力を高め、総合的な教養を身につけ、日東駒専など有名私大に総合型選抜・学校推薦型選抜(公募制推薦・指定校推薦)や一般選抜で合格を目指すクラスです。
特進総合クラス
  • 各教科の基礎学力を高めながら英検準2級以上の力をつけ、日東駒専など有名私大の一般選抜で合格できるレベルを目指します。
  • 実技教科を除いた授業時間全体に対して、2年次は文系の英語は50%、理系の数学は46%、3年次は文系の英語は46%、理系の数学は54%を占めます。
  • 無駄のないカリキュラムで効率よく学習し、3年次6月までに高校の全課程を終了します。総合型選抜・学校推薦型選抜(公募制推薦・指定校推薦)に向けて、3年次より「総合演習」の授業で小論文などの対策も行っています。希望者は指定校推薦も受験できます。
  • 総合型選抜・学校推薦型選抜(公募制推薦・指定校推薦)での合格後も、大学入学後に学習面で困ることのないように、 英検2級取得やTOEFLなどを活用し、学力を身につける取り組みを用意しています。
指導の特徴
指導の特徴

一般選抜をはじめ、総合型選抜・学校推薦型選抜(公募制推薦・指定校推薦)に向けて、小論文や志望理由書の添削など、一人ひとりに合わせて指導します。

アスリートクラス
スポーツを通した人間形成により、プロの世界や強豪大学で活躍できるトップアスリートを目指すクラスです。
【対象】硬式野球部・男子サッカー部
アスリートクラス
  • スポーツに取り組みながら、無駄のないカリキュラムで大学進学に対応できる基礎学力を養います。
  • 英語は、習熟度別の授業を取り入れ、日東駒専レベルの大学への進学を目指します。
  • 大学入試に対応するために、英検準2級、さらに英検2級取得を目指した対策授業を行います。
  • 長期休暇中、試合や遠征などが多い分、スタディサプリの英検対策授業を視聴するなど効率よく学習を進めることができます。
  • 総合型選抜・学校推薦型選抜(公募制推薦・指定校推薦)希望者へは、3年次1学期から「小論文」を取り入れ、基本的な書き方から志望学部に応じた入試対策まで具体的な指導を行います。希望者は指定校推薦も受験できます。
  • 経験豊富な指導者のもと、充実した環境でスポーツに取り組める体制を整え、「文武両立」を目指します。
指導の特徴
指導の特徴

硬式野球部では、野球の技術と人としての基本を徹底しています。それ以外の応用の部分は「自主性」に任せて個々の能力を磨いています。
男子サッカー部では、規律や集団行動を学び自立した人間に成長できるよう、すべてのカテゴリーで専任の指導者が自主性を大切にしながら寄り添って指導しています。

学校生活の様子

  • 校長ブログ
  • SEIRITZ TV
  • Earth Project Blog