「見える学力」と「見えない学力」を共に育て、生涯学び続けるための足腰を鍛える。

高等学校 教育のポイント

繰り返し主義 : 3つの「繰り返しサークル」

①短期的繰り返し(日々〜2週間の復習)
【予習→授業→復習(宿題・小テスト対策)→復習テスト】

●学習のむらをなくす学習習慣を身につけよう!

②中期的繰り返し(2ヶ月間の復習)【定期試験前授業→定期試験→定期試験復習】
●定期試験前後の復習でさらに定着度がアップ!

③長期的繰り返し(4ヶ月間の復習)
【前学期の学習→長期休暇講習で総復習→模擬試験で確認】

  • ●学期ごとに再度総復習、そしてさらに応用へ。繰り返す復習は、やがて「確かな知識」へと変わっていく!

ダ・ラ・リ追放

本校の教育は「ムダ・ムラ・ムリ」を無くすように努めていきます。

ムダの追放
「数学と理科の学習内容」や「社会の科目間の連係」を考慮するなど、効率の良い、まったく無駄のないカリキュラムを基本にしています。
ムラの追放
長期休暇の講習を有効利用することで、「学習をやる時期・学習をやらない時期」をわけず、ムラをなくして効率良く学力を向上していきます。
ムリの追放
ムラをなくすことで、十分な授業時間を用いて、「スモールステップ」を重視し、
ムリなく学習をすすめていくことができます。

洗練されたカリキュラム

高2からは受験科目のみを学習

  • ●国公立大学受験のため、また文理選択決定のため、高1までは各教科無駄を省きながら満遍なく学習します。
  • ●高2からは、受験科目のみに絞って学習します。
    他校にあるような、学校の都合や選択科目の都合による無駄な教科は一切ありません。

科目間で連携のとれた学習内容・学習進度

1)社会
  • ●高1の世界史A・日本史Aで、2年次から選択するどの科目にも役立ち、
    入試問題の中心となる近現代について学習します。
  • ●高2・3ではセンター試験で比較的点数の取りやすい「現代社会」を2年間学習し、高得点を狙います。
2)理科
  • ●高1の「物理基礎」では取り組みやすい「電磁気分野」から学習します。数学の授業が進んだ後半から「力学分野」を学習します。理系の生徒は2・3年次に「物理」を選択することで、高校3年間物理を学習することが可能です。
  • ●高1の「科学と人間生活」では、「化学分野」を中心に学習します。理系の生徒は2・3年次に「化学基礎」「化学」を選択することで、高校3年間化学を学習することが可能です。

日々の成長を実感できる放課後の小テスト

授業中に行われるものとは別に、放課後にも英語・国語・数学を中心に小テストを毎日行っています。英語は英文法・英熟語・英単語、国語は漢字・古文文法・古文単語、数学は日々の宿題(「授業で扱っている単元」や「以前に学習した単元」)の確認を中心に、各学年、コース・クラスごとに計画的に行っています。

科目によって7〜8割を合格点とし、不合格の場合はその場で各自で再度復習をし、合格するまで再テストを受験します。再テストは、科目によっては同じ範囲で別の問題が用意されています。また、復習テスト(隔週で行われる確認テスト)や定期試験でも出題されるため、効率良く記憶の定着が図れます。

家庭学習をただするだけでなく、その確認のための小テストを実施することで、計画的な実が期待できるため、小テストは成立学園での学習の大きな柱の一つであると言えます。

関連記事

高校1年生 保健講話

(2017 年05 月22 日)【教育活動(高校)】

...

続きを読む

高校1年生 アースプロジェクト ~水田学習編~

(2017 年05 月10 日)【教育活動(高校)】

...

続きを読む

高校2学年勉強合宿

(2017 年03 月29 日)【教育活動(高校)】

...

続きを読む

合唱コンクール

(2017 年03 月22 日)【教育活動(高校)】

...

続きを読む

新高3生激励会

(2017 年03 月18 日)【教育活動(高校)】

...

続きを読む

05