「見える学力」と「見えない学力」を共に育て、生涯学び続けるための足腰を鍛える。

初の全国大会出場を目指して、日々練習に励んでいます。文武両立を目指し、共に戦いましょう。バスケットを愛する皆さん、お待ちしています!!

SEIRITZ SPORTS 男子バスケットボール部最新情報

男子バスケットボール部 関東大会東京都予選ブロック決勝 結果

(2011 年05 月08 日)【男子バスケットボール部】

関東大会東京都予選ブロック決勝 vs 東洋大京北 (2011.5.3)

 

 

 

 

18

30

 

 

成立学園

62

14

29

128

東洋大京北

16

42

 

 

14

27

 

 

 

植田(3年)

12

後藤(2年)

久下(3年)

13

阿部(3年)

千嶋(3年)

14

逸見(2年)

徐(3年)

15

吾妻(3年)

亀田(3年)

16

高林(2年)

八木(3年)

17

松本(1年)

10

中神(2年)

18

赤間(3年)

11

高原(3年)

19

山下(1年)

 

スターティングメンバーは、植田(荒川区立尾久八幡中)、千嶋(板橋区立志村第二中)、徐(板橋区立西台中)、久下(葛飾区立綾瀬中)、亀田(葛飾区大道中)。ブロック決勝戦は東洋大京北で、昨年度全国高校総体ベスト4のチームである。

 

千嶋、植田等の得点で13:14 と上々の滑り出しである。しかし、第1ピリオド終了間際に相手の3ポイントシュート、フリースローなど連続して得点され 18:30 とされる。第1ピリオドは何とか食い下がったものの第2ピリオドに入ると、相手の厳しいディフェンスからミスを連発し、徐々に引き離されると、前半を32:59 と27点のビハインドで折り返す。

 

後半に入ると、午前中の試合の疲れからか足が止まり、全国大会上位チームの実力を見せつけられ、第3ピリオド終了時には101:48 の大差となる。その後も、亀田や中神(大田区立東蒲中)が奮闘するも、終始相手チームのペースでの試合展開となり、最後は 62:128 の大差での負けとなる。全国トップレベルのチームとの公式戦は貴重な経験となった。今後の日々の練習に活かしていきたい。

 

応援よろしくお願いします。

 

 

関連記事

新人戦東京都本大会Dブロック決勝 vs実践学園(2018.01.08)

(2018 年01 月12 日)【男子バスケットボール部】

...

続きを読む

新人戦東京都本大会Dブロック準決勝 vs専修大附(2018.01.08)

(2018 年01 月12 日)【男子バスケットボール部】

...

続きを読む

新人戦東京都本大会Dブロック2回戦 vs都足立(2018.1.07)

(2018 年01 月12 日)【男子バスケットボール部】

...

続きを読む

新人戦東京都第3支部予選・決勝 vs保善(2017.11.19)

(2017 年11 月22 日)【男子バスケットボール部】

...

続きを読む

新人戦東京都第3支部予選・準決勝 vs海城高校(2017.11.19)

(2017 年11 月22 日)【男子バスケットボール部】

...

続きを読む

01 02 03

ユニホームチェック