「見える学力」と「見えない学力」を共に育て、生涯学び続けるための足腰を鍛える。

 

常に魅力あるサッカースタイルで個も進化できるよう、チーム一心でひたむきに取り組んでいます。

SEIRITZ SPORTS サッカー部(中学)最新情報

中学校サッカー部「心の授業」

(2017 年12 月18 日)【サッカー部(中学)】

12月16日(土)、今回の「心の授業」の先生は、高校3年・男子サッカー部 佐久間 駿希先輩でした。テーマは『夢・目標』です。

佐久間先生は、中学校3期生として入学、サッカー部で活躍しました。

「中学生の時に成立学園高校サッカー部の試合を観て『アスリートに入りたい』、『このチームで試合に出て活躍したい!』と考えるようになりました。そしてそのまま内部進学し、アスリートクラスに入りました。

そこで、改めて「トップチームに入って試合に出て活躍したい!」と思いました。

最初にユニフォームを選ぶ時、「10番」を選択しましたが、当時は周囲から白い目、冷たい目で見られました。

同じ内進生の皆木 怜君は当時1本目から試合に出場し、得点も決めて活躍していました。それに比べ自分は、7本目、良くて5本目でした。本当に周囲が上手に見えて、そしてビビっていました。普段の練習もコーチから一番遠い所でコソコソやっていた時もありました。

しかし、いつの日か『これではダメだ』、『1本目で試合に出ている選手に負けたくない』と、必死で練習に励むようになりました。

2年生の時はケガ続きで、長くセカンドチームでしたが、出場する大会・試合は負けなしで、次第に自信をつけていきました。ただケガの為、トップチーム加入のタイミングを逃したのも事実です。

3年生の時、改めて『トップチームに入ることが目標ではない。試合に出場して活躍するんだ』という初心に帰り、Tリーグ第一節でまさかの 『10番』をいただきました。同時に「責任」と「プレッシャー」も感じました。

先日の選手権初戦、たくさんの人たちが応援に来てくれて、勇気と感謝を感じ、『この人達のためにも頑張ろう!』と思いました。残念ながら決勝で負けてしまいましたが、 『目標に向かって諦めずに頑張ればいつか結果はついてくる』ということがわかりました。この事を君たち中学生に伝えたいです。目標を持って頑張ってください。」

選手権決勝が終わった後、高校サッカー部の宮内監督から「厳しい試合でも最後まで諦めず、周囲にも声をかけて頑張った姿は素晴らしい」という話を聞きました。

佐久間先生の生の声・言葉に成長と変化を感じました。ありがとうございました。

卒業後も大学でサッカーを続けて行くということです。応援しています。

佐久間先生お忙しい中、ありがとうございました。


関連記事

中学校サッカー部 Tr.game 結果

(2018 年01 月08 日)【サッカー部(中学)】

...

続きを読む

中学校サッカー部 アイデンティフェスティバル参加

(2018 年01 月08 日)【サッカー部(中学)】

...

続きを読む

中学校サッカー部 日能研カップ最終日結果

(2017 年12 月29 日)【サッカー部(中学)】

...

続きを読む

中学校サッカー部 日能研カップ2日目結果

(2017 年12 月26 日)【サッカー部(中学)】

...

続きを読む

中学校サッカー部 日能研カップ初日結果

(2017 年12 月26 日)【サッカー部(中学)】

...

続きを読む

01 02 03

ユニホームチェック