「見える学力」と「見えない学力」を共に育て、生涯学び続けるための足腰を鍛える。

SEIRITZ-NEWS

“成立米”から学ぶこと

(2017.09.14)【福田先生】

5月に田植えを済ませた“成立米”の収穫ウィークです!

生育状況をみて年間スケジュールより1週間ずらしての収穫となっています。

稲刈りは、田植えをした高1生とオール中学生が責任を持って担当します。

 

5月・・・

裸足で田んぼに入るため悲鳴を上げて、泥まみれになって、

お尻が見えるほど短パンをまくり上げて、クラス全員で協力して、

心を込めて1本1本植えた稲が、今立派に成長しました。

 

従いまして、稲刈りも機械なんて使いません!!

“成立米”はこだわりの鎌での「手刈り」です。

まずは諸注意・・・

早速、作業開始・・・

高1生担当面積は大きく収穫量が多いので、脱穀は機械の力を借ります・・・


   

ん!?刈った稲を生徒から受け取り機械に通す黄色のポロシャツの方は・・・

水田学習の“要”であるE先生ではありませんか!?

頭を丸め、日焼けし精悍さを増しております。

近くで見ると・・・「小西郷どん」です(笑)

という様に、順調に収穫が進んでおります。

 

ここで、今年から新しく成立田となった所の昨日現在です。

おまけ・・・

ここは、夏前に収穫が終わったジャガイモ畑です。

 

土曜日の最終日は、オール中学生&保護者による収穫となります。

中学担当の田んぼ覗いてみると・・・

大豊作です。

「実るほど首を垂れる稲穂かな」

忘れては、いけません!?!?

一方、逆サイドの古代米は・・・

品種改良を重ねたコシヒカリとは違い、古代米は気候に大きく左右されます。

8月の長雨や気温の影響で成長が遅れて心配していましたが、

遅ればせながらラストスパートをかけています・・・

 

「同じ環境で育ちながらも、個性が異なると成長も異なる」

お米から学びます・・・

 

なお、新米は9/23・24の成立祭でデビューとなりますので、

お楽しみに!!!

関連記事

“成立米”から学ぶこと

(2017 年09 月14 日)【福田先生】

...

続きを読む

“方角”

(2017 年09 月04 日)【福田先生】

...

続きを読む

2学期始動

(2017 年09 月01 日)【福田先生】

...

続きを読む

まださきかつまで

(2017 年08 月24 日)【福田先生】

...

続きを読む

8月後半

(2017 年08 月17 日)【福田先生】

...

続きを読む

05