「見える学力」と「見えない学力」を共に育て、生涯学び続けるための足腰を鍛える。

SEIRITZ-NEWS

字は体なり

(2016.08.03)【福田先生】

8月に入り、ゲリラ豪雨が各地で発生している今日この頃です。

7月最後を飾る中学・高校の各OS、大々盛況のうちに終了しました!

多くの受験生・保護者に、成立学園を理解して頂けた様で嬉しかったです。

さて、今週月曜日からクラブ合宿期間に突入しました。

(高3受験生達は夏期講習Ⅳ期目に突入です・・・)

従って、登校している生徒は高3生&合宿前の数クラブとなるため

職員室も割と閑散としています。

そんな涼しく静かな職員室で私は「文字の特訓」をしております。

毎年夏休み中に、その春卒業の全卒業生氏名・生年月日を台帳に記入します。

個人的に、この作業が苦痛で苦痛でなりません。

私、40数年前書道教室へ連れていかれましたが、

「周りに迷惑をかける」との理由で、書の道を断念・・・現在に至っております。

台帳記入は、伝統的に歴代の教頭が担当となります。

各年度の卒業生氏名が一字一字丁寧に書かれています。

それと較べて・・・

しかし、決して雑に書いているわけではありません。

一字一字気持ちを込めて書いているのですが、

私の脳から右指先にうまく伝わっていないのです。

「字は体なり」と言いますが、情けない限りです。

ご存知の様に卒業生台帳は学校の“宝”であり、永遠に保管されます。

50年後、100年後の台帳記入者に「平成27年度から担当者変わったね!?」

と、言われるように例年以上に“一字入魂”で書き上げたいと思います。

(そのため、もう少し練習してから本番に入りたいと思います)

あと同時に・・・

1年でも早く卒業生台帳が、コンピューター入力となる日が来ることを祈ります!!

関連記事

出陣式

(2018 年01 月12 日)【福田先生】

...

続きを読む

しゃらくさい

(2018 年01 月09 日)【福田先生】

...

続きを読む

平成30年 元旦

(2018 年01 月01 日)【福田先生】

...

続きを読む

記憶に残る1年

(2017 年12 月23 日)【福田先生】

...

続きを読む

104年ぶり&96年ぶり

(2017 年12 月01 日)【福田先生】

...

続きを読む

05