「見える学力」と「見えない学力」を共に育て、生涯学び続けるための足腰を鍛える。

 

書の基本から学び、歴史に基づくさまざまな字を作品にしていきます。書に興味のある人、大作を作ってみませんか?

SEIRITZ SPORTS 書道部最新情報

第22回 国際高校生選抜書展「書の甲子園」

(2014 年02 月06 日)【書道部】

22回 国際高校生選抜書展、通称「書の甲子園」が2014年1月28日(火)~2月2日(日)まで
大阪市立美術館において開催されました。
入選率約1割程度というかなりハイレベルな高校生だけの国際書道展です。
 今回の出品点数は
     日本国内・・16888点   海外及び留学生・・307点
                合計 17195点
     で、始めて17000点を超えました。
出品作品の中から文部科学大臣賞2点、大賞10点、準大賞20点
               優秀賞40点、秀作賞128点、入選1800点が選出されました。
   本校書道部も4名の部員が受賞、入選しました。
   受賞は5年連続、6回目の受賞です。
       - 個人賞 -
         秀作賞  3年 近 江  蓮
         秀作賞  2年 松 山 明 子
         入 選  3年 鈴 木 奈緒子
         入 選  1年 目 崎 千 尋

 2月2日(日)には毎日新聞大阪本社大ホールにて表彰式が行われました。
 表彰式には、3年連続4回目の出席です。書道部3年 近江 蓮さん、同2年 松山明子さんの2名が
参列しました。
展覧会場では受賞した高校生と「書」の会話をしたり、作品の意見交換をしたりして有意義な1日を
過ごしました。毎日書道展理事の先生方から励まされ、記念写真も撮りました。
 

入賞の感激を
噛み締めながら・・・

 

大阪市立美術館の前で・・・
「書の甲子園」の看板に
   感激しました

 

やや、緊張気味・・・。


 

 自分の作品の前で
   「パチリ」


  全国の優秀な作品に
    圧倒されながらも
     今後の書活動に更に
         意欲を燃やす
(左)3年(上段中央作品)
 近江 蓮「心 肝」

 

(右)2年(上段左側作品)
       松山明子「嚇」
 


会場内では毎日書道会の役員の先生方と数多く写真を撮り、励ましのお言葉を頂いて感激のしっぱなしでした。(近江・松山 談)
 

     第22回国際高校生選抜書展実行委員長
     毎日書道展会理事 中原茅秋先生と・・・
     毎日書道会専務理事
          糸賀靖夫様と・・・・
   
   第23回国際高校生選抜書展実行委員長
   毎日書道展会理事 石飛博光先生と・・・
   来年また、この会場にくることを誓って・・・
 第22回国際高校生選抜書展副実行委員長
 毎日書道展会理事 中原志軒先生と・・・

 

 

  (中央作品)
       1 年 目崎千尋  「 ゆ め 」
  (中央作品)
     3 年 鈴木奈緒子  「一華開五葉」

 

「会 場 風 景」

会場の中は、多くの観客で
賑わいました



「表彰式会場風景」

表彰式会場の毎日新聞社大阪本社の前で・・ 受賞者の席で、笑顔の奥にも緊張の色が・・
秀作賞の表彰を受ける近江さん 秀作賞の表彰を受ける松山さん

 

                        

         表彰式が終わり、緊張もほどけました
                          「ホッ」と一息です
                         授賞式後、行われた文科賞受賞者の席上揮毫を見て
                         第23回国際高校生選抜書展に向けて意欲が湧いてきました
         栄えある国際高校生選抜書展の表彰式に参列できたのも、
         校長先生・福田副校長先生を始め各諸先生方のご指導、ご声援の賜だと
         思います。この晴れ舞台に立つことが出来た感激は、高校生活の中での
         一番の想い出となり、一生忘れることはないと思います。

         

         本当にありがとうございました。

         

         この感激を胸に「自分の夢」「学習・勉学への道」更に「書の道」に
         力を注いで活きたいと思います。
                                  (近江・松山 談)

 

 

01 02 03

ユニホームチェック